医療法人 恒昭会 藍野病院

医療法人 恒昭会 藍野病院
超高齢化社会において 患者の日常生活を支える 多職種によるチーム医療
“超高齢化社会”が差し迫った現在、高齢者医療の在り方が変化してきている。藍野病院を高齢者医療のエキスパートたらしめ、地域の中核病院たる態勢を作り上げた杉野院長に、これからの高齢者医療についてお話をうかがった。

医療法人 恒昭会 藍野病院

杉野 正一 院長

パーキンソン病

リハビリや指導を通じて ADLの向上を目指す

 杉野院長は高齢者医療に際して病院に求められる要素として4点を挙げる。高齢者の多病に対する複数診療科の連携、認知症の対応、急性期を脱しても入院を継続できるケアミックス型の病棟、そしてチーム医療だ。「現在の医療は治療だけに終わらず、日常生活を支える医療に変わりつつあります。そのためには医師だけでなく多職種によるチーム医療で、患者さんそれぞれに適したケアが必要不可欠です」。同院ではパーキンソン病、糖尿病、リウマチ・膠原病、認知症に対する4つのチームを立ち上げ、多職種によるケアを展開している。まず年齢を重ねるほど罹患率が高まるパーキンソン病について。「一見すると振戦などの運動症状が特徴的ですが、パーキンソン病は精神症状や自律神経症状を伴う全身病です。便秘、夜間の頻尿、すくみ、立ちくらみ、失神などの症状が見られ、そこから転倒にもつながります。これらがADL(日常生活動作)を下げるとともに、さらにロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルといった老年症候群が加わり、日常生活が困難なものとなる。当院ではそういった患者さんを支えるチームが活動しています」。2014年にはパーキンソンダンス教室を無料で開講。リズムや視覚・聴覚的な刺激を手がかりに体を動かすダンスをリハビリに取入れたプログラムだ。また2015年からはリハビリを兼ねた教育入院が始まった。4週間を1単位とした集中的なリハビリのほか、管理栄養士による栄養指導、嚥下障害に対するリハビリ、薬剤師による服薬指導、退院後に社会資源を有効に活用するため社会福祉士からのレクチャーもある。これらを患者本人はもちろん、その家族も受けることで生活を守る取組みだ。すでに多くの方が体験し、成果を挙げているという。

糖尿病患者の自己管理法などを無料で講演する「オープン糖尿病教室」

認知症をはじめ様々な疾患に対し、耕す、水をまくなどの動作だけでなく精神面にも効果的な「園芸療法」

糖尿病、リウマチ

病態や治療に合わせて 多職種それぞれが特性を発揮

 糖尿病のチームはもっとも早くから発足したチーム。糖尿病専門医、療養指導士、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床心理士で構成され、糖尿病患者が健康な人と変わらないQOL(生活の質)と健康寿命を確保することを目標とする。「その活動内容は糖尿病専門外来とフットケア外来の開設、2週間の独自プログラムを組んだ教育入院、眼科・血管外科・歯科など糖尿病に関連する診療科とともに講義する糖尿病教室、毎年11月14日の世界糖尿病デーに合わせて開催されるオープン糖尿病教室など、患者さん個人だけでなく社会に働きかける活動まで含まれています」。 リウマチ・膠原病のチーム医療は主に関節リウマチを扱い、リウマチ・膠原病専門医、学会認定のリウマチケア看護師、リハビリテーション科で構成される。「分子生物学薬が開発されて以来リウマチの治療は劇的に変わり、間質性肺炎など特有の合併症も抑えられるようになりました。従来の血液検査に加え、局所的な炎症を発見できる関節エコーの普及も診断に大いに役立っています。またすでに進行して関節の変形・破壊が起きてしまっている方のケアなど、多岐にわたる治療とケアが求められており、当院ではそのためのチームを立ち上げています」。

リウマチの専門知識を持ち関節エコーなども行う「リウマチケア看護師」

テンポのいいリズムで視覚・聴覚的な刺激を手がかりにして体を動かすリハビリプログラム「パーキンソンダンス」の教室を無料で開講している

認知症

人材育成まで手がける あいの認知症プロジェクト

 認知症に対しては地域ネットワークから成る『茨木市モデル』の一角として茨木市全体の認知症対策を担っているが、さらに『あいの認知症プロジェクト』を立ち上げ患者とその家族への対応に止まらず認知症のケアに携われる人材育成とスキルアップにまで手を広げている。「生きる楽しみを根付かせるダイバージョナルセラピーや興奮状態を手当てで鎮めるタッチケアなど、様々なケアを取入れて実践しています。また認知症サポーターの資格を取得できる講座の開催、認知症に関わる他職種連携の事例を他地域にも普及させるなど、より多くの人が認知症を理解し、関われる社会の構築を目指しています」。

hospital data

医療法人 恒昭会 藍野病院
TEL:072-627-7611
茨木市高田町11-18