旭区長 東中 秀成

地域医療のこれからについて
市長・区長からのメッセージ

現在の医療現場が抱える問題、それに立ち向かう行政のあり方や、今後の対策や取り組みについて各行政のトップにうかがいました

旭区長

東中 秀成

コロナ禍であらためて問われる「安全・安心のまちづくり」

 医療等ご関係の皆様方には、昨今のコロナ対応に大変なご尽力を頂いており深く感謝申し上げます。
 大阪市旭区でも少子高齢化が進む状況は昭和の時代から予測され、当・旭区の医師会の皆様ではいち早く地域医療連携を掲げられ、歯科医師会や薬剤師会の皆様と協力関係を進められ、保健行政と連携した地域保健医療体制の構築が進んで参りました。そして例えば、介護保険導入前から医師会の皆様が中心となった「地域ケアを考える会」が立ち上がる等、24時間・365日の在宅医療・介護の提供体制の途が開かれて参りました。
 しかし昨年来のコロナ禍の中、医療・介護連携において「危機管理下で連携が機能しない」「高齢者の家籠りによるADLの低下が進む」といった現場の課題が浮き彫りになって来ており、当区役所も主体的に関わりながらコロナの最新情報や感染対策、陽性者発生時の対応などを提案して、医療機関、社会福祉施設、訪問介護、ケアマネ、介護事業者等の皆様との「顔の見える関係づくり」を進めております。そして、かかりつけ医を持つことの大切さ、感染防止対策もベースにした「いきいき百歳体操」などの地域社会活動の促進等について、コロナ啓発リーフレットを作成して、関係事業者等を通して区民の皆様にもあらためて啓発をおこなっております。
 生命の大切さ、医療や福祉のありようが、全国各地で問われる昨今、旭区版セーフティネットの息づく、誰もが「安心して住み続けられるあたたかいまち 旭区」の実現に向かって参りたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。