ばば耳鼻科クリニック

Helloご近所ドクター

なかなか治らない耳や鼻の症状の日帰り手術に対応

生活の質向上を考え負担の少ない手術を提案

鼻詰まりという症状について考えてみたい。鼻詰まりは急を要する症状ではないと思って、症状が長く続いても放置していないだろうか。それは望ましいことではなく、日常生活の質を落とすことにつながりかねない。「鼻が詰まって口呼吸になることで発生する不具合は色々あります。例えばのどが乾燥しやすくなるので、のど風邪を引きやすくなりますし、寝ている間の呼吸がスムーズにできないと睡眠の質が低下して、日中のパフォーマンスに影響を及ぼします。鼻が詰まっても命に別状はありませんが、治すことで生活の質を改善することができると考え、私は完治を目指す日帰り手術をおすすめしています。鼻詰まりだけでなく、片耳の聞こえが悪い、耳垂れが出るなど、日常で不便に感じる症状に対しても日帰り手術を行えますので、薬を飲んでもなかなか治らず困っている方は、一度相談していただければと思います」と馬場先生は熱意を込めて語ってくれた。日帰り手術の後は経過観察が必要になるが、入院よりも負担は少なく、仕事が忙しい方でも受けやすいはずだ。

診察や手術の不安軽減のため「見える化」に力を入れる

ばば耳鼻科クリニックには、診察室にモニターが複数用意されている。その理由をうかがった。「鼻の穴や耳の穴は自分で詳細を確認できないので、不安に感じている方が多いと思います。当クリニックではモニターで検査や手術の様子を見ていただけるようにしており、必要に応じて録画して患者さんに説明しています」。気になることがあれば、その場で質問できるのは嬉しい限りだ。

日帰り手術後、ゆっくり休めるように用意されたリカバリールーム 
広々とした待合室。自動精算機があり、キャッシュレス決済も可能

教えて!先生

最近ずっと鼻が詰まっていて、においが分かりづらいこともありますが、コロナでしょうか?

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、中耳炎などの日帰り手術を行っています。症状としては鼻詰まりや耳の痛みなどです。術後の観察は疾患や状態によっても異なりますが、手術日を合わせて2〜3日休んでいただくケースが多いです
ベッドタイプの診察台を用意し、一人ひとり丁寧に検査や診察を実施している

馬場 奨 院長

【プロフィール】B型/牡牛座/関西医科大学卒/門真市出身/医学博士/日本耳鼻咽喉科学会認定専門医/日本アレルギー学会認定専門医)
【趣味】ボルダリングとキャンプが趣味です。ボルダリングは3mくらいの岩を登るのですが、スリルが味わえて楽しいです。万が一落ちた時のためマットは持参していて、それを置く場所を考えることも醍醐味だと思っています
【休日の過ごし方】ボルダリングとキャンプに行きます。妻や娘と行くこともありますが、最近は一人でも楽しんでいます。自然に身を置くと、大きな疑問などと向き合ういい機会になるので、皆さんにもおすすめです

hospital data

ばば耳鼻科クリニック
TEL:072‐803‐8103
門真市横地604‐3


ホームページ