東大阪市長 野田 義和

地域医療のこれからについて
市長からの
メッセージ

現在の医療現場が抱える問題、それに立ち向かう行政のあり方や、今後の対策、取り組みについてうかがいました

Higashiosaka City.

東大阪市長

野田 義和

地域医療の連携で
安心してくらせるまちへ

わが国は、2025年に団塊の世代が75歳以上になり高齢化がすすむに伴い、医療需要も高まっていくと予測されています。東大阪市においても今後、入院を必要とする方や在宅医療を必要とする方が増えると予測しています。
今、地域では医療や介護が必要になった時も、より自分らしい生活を送っていただくために、それを支える医療や介護の連携が様々な形で展開されてきています。
例えば、病院では、要支援や要介護と思われる方には、入院をした時から退院後の生活を見据えて、患者と家族から入院前の生活の様子や退院後の生活の希望を聞き取り退院後の生活の準備をしていきます。その一つとして、より患者の希望に沿った実現可能な支援ができるよう、地域で生活を支えているケアマネージャーや訪問看護師などと病院スタッフの情報交換が行われています。
このような医療と介護の連携の中心に位置するのは、もちろん、支援を必要とするご本人です。市民の皆様には、自分らしい生活をいつまでも続けていただくために、家族や身近な方にご自身の思いを伝え話し合う機会(人生会議)をぜひ持っていただきたいと思います。
今後も、市民の皆様が安心して暮らせるまちをめざして、地域医療体制の整備や医療・介護の連携の推進を図ってまいります。皆様の一層のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。