服部あたまクリニック

MRI検査を身近に 頭の健康に向き合い 正確な診療を実施

MRI検査による 正確な画像診断が得意

 脳神経外科・神経内科を専門とする「服部あたまクリニック」では、頭痛やめまい、脳梗塞、認知症など脳が関係する可能性のある症状をはじめ、風邪や食欲不振などの内科、腰痛や打撲など簡単な整形外科分野の診察にも対応。さらに、街の開業医では珍しくMRIを導入し、頭痛や物忘れなど不安な症状があれば、若い人から高齢者まで気軽に検査ができるのが特徴だ。「MRI検査は敷居が高く思われがちですが、予約なしで当日検査できる環境を整えて病気の早期発見に取組んでいます。1日で診断から結果の説明、治療方針の決定までスムーズに行います」と語るのは、20年以上、関西・関東の基幹病院で脳神経外科医師として実績を積んできた服部院長だ。脳・神経の病気を疑う症状のある方に対して、脳や脊髄画像をもとに正確な診断を行う同クリニック。手術など専門的治療が必要な場合も、責任を持ってレベルの高い医療施設を紹介してくれるなど、身近な存在ながら専門性の高い疾患に対応できるクリニックとして地域からの信頼も厚い。

一流ホテルを参考にした院内はクラシックやジャズが流れる癒しの空間

牽引機やウォーターベッドなど物理療法機器も充実

認知症予防のための 生活習慣管理や指導

 進む高齢化社会において、認知症への不安を抱える高齢者は増え続ける一方だ。そんな中、同クリニックでは認知症を判定するテストに加え、生活習慣の指導も実施。「認知症の特効薬は未だありませんが、早期に対応すれば進行を遅らせることは可能です。今後は他科の医療機関とも積極的に連携して地域に最適な医療を届けていきたいですね」。

教えて!先生

時々手が痺れる事がありますが、 頭の病気も関係しているのですか?

脳から来ることもありますが、多くの場合は背骨の中を通る脊髄が深く関係していることが多いです。脊髄とは脳からつながる太い神経のことで、脳からの司令で手足を動かしたり、痛みやしびれといった感覚を脳に伝える重要な回路です。MRI検査による脳、脊髄画像をもとに正確な診断を行いますのでお気軽にご来院ください

MRIによる画像検査を実施。検査同日に脳・脳血管・脊髄の読影結果を患者に説明する

服部伊太郎 先生

【プロフィール】
A型/乙女座/京都大学卒/枚方市出身/医学博士、脳神経外科専門医、脳卒中専門医、脳神経血管内治療専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、難病疾患指定医、身体障害者福祉法指定医師、日本脊髄外科学会会員、日本認知症学会会員
【趣 味】
体を動かすのが趣味。トライアスロンをやっています。スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのアイアンマンレースにもう一度出るのが今の目標です
【休日の過ごし方】
妻や娘たちとショッピングや食事に出かけたりして、家族との時間を大切にしています。また、開業してからは拘束時間が長いため、体力が欠かせません。今後も長く地域の皆様に医療を届けられるよう、週2回はジムに通って有酸素運動をしたり、筋トレをしたりするなど動けるカラダ作りに努めています

hospital data

服部あたまクリニック
TEL:072-840-0929
枚方市禁野本町1丁目16-5 グランドリス有馬1階