枚方市長 伏見 隆

市長・区長メッセージ

地域医療のこれからについて
市長・区長からのメッセージ

現在の医療現場が抱える問題、それに立ち向かう行政のあり方や、今後の対策や取り組みについて各行政のトップにうかがいました

枚方市長

伏見 隆

「市立ひらかた病院」を中心とした地域医療連携について

 

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症は、依然として感染拡大が収まらず、長期にわたり日常生活や社会経済活動の制限が余儀なくされています。
市立ひらかた病院は、大阪府内に6つある第2種感染症指定医療機関の1つとして、新型コロナウイルス感染症の発生初期から陽性患者及び疑似症患者の受入れを行っています。北河内医療圏唯一の市立病院の使命として、コロナ診療に全面的に注力するとともに、通常診療も疎かにすることなく、職員一丸となってこの難局に立ち向かっているところです。
また、地域医療の中核病院としての役割を果たすため、令和3年4月から『地域医療支援病院』となりました。これは、地域医療の第一線を担う「かかりつけ医」を支援するため、24時間体制の救急医療の提供や集中治療室等の設備など必要な機能を有する、都道府県が承認する医療機関です。
『地域医療支援病院』になったことにより、身近で日常生活に密着した初期医療を行う地域の診療所(かかりつけ医)と専門的な検査や入院治療を行う地域の中核病院(地域医療支援病院)との役割分担が明確化され、市民の皆様に適切な医療を地域一体となって提供する環境整備が図られました。
 今後もあらゆる危機事象を想定しながら、 市立ひらかた病院を中心とした本市域における医療の連携を強化し、救急・医療体制を整備することで、市民の皆様が安心して生活できるよう全力を尽くしてまいります。

関連記事一覧