医療法人 今村血管外科クリニック

[テーマ]

日常生活に負担の少ない 日帰り下肢静脈瘤手術

注目の低侵襲治療法を導入して 年間約600例の下肢静脈瘤手術に対応
短時間・短期間・低侵襲の 日帰り下肢静脈瘤手術
日本人の10人に1人、また成人女性の5人に1人が罹患している下肢静脈瘤。静脈内の弁が機能しなくなり血流が逆流・停滞することで、血管が拡張してこぶのような膨らみが現れる疾患だ。見た目以外にも、むくみ、こむらかえり、かゆみなどの症状が慢性的に続く場合は、静脈瘤の可能性を疑って欲しいと語る今村先生。「当クリニックは下肢静脈瘤の日帰り手術に注力しています。特に専門としているのは、細いカテーテルを静脈内に入れ、レーザー光線や高周波で熱を加えることで、必要でなくなった静脈を塞ぐ血管内焼灼術。また、昨年末に保険適応となったばかりのグルー治療も導入済みです。接着剤で血管を閉塞する当治療法は麻酔が必要でないため、より低侵襲の手術として注目されています」。これら手術の所要時間は20〜30分程度。痛みや大きな傷が残ることもなく、術後の安静時間を含めても1〜2時間で完了する。さらに、手術当日は歩いて帰ることができ、翌日からは今まで通りの日常生活が送れるという。放置せずに、気になる方は専門医にご相談を。

グルー治療で使用するカテーテル。細いカテーテルから出る接着剤で血管を閉塞

手術室には、より正確な診断ができるよう新モデルのエコーも導入予定

担当医

今村 敦 先生

今村血管外科クリニック院長/関西医科大学卒/日本静脈学会評議員/下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医、脈管学会専門医、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会指導医 関西医科大学で准教授を務めたのち、2012年に門真市にて開院。年間約600例以上の下肢静脈瘤手術を手がける。治療総数4,545肢、血管内焼灼術4,052肢(2012年5月〜2020年3月末まで)

専門医療にできること!

最新鋭の治療機器を導入 痛み・負担のない手術

最新鋭の波長1470nmのレーザー治療器・高周波カテーテル治療器は、術後の痛みや皮下出血が少ないのが特徴。これが治療時間の短縮につながり、術後の引きつりや鈍痛も抑えられる

症例に合わせて最適な機器を使い分け、可能な限り患者さんの負担が少ない治療法を選択している

hospital data

医療法人 今村血管外科クリニック
TEL:072-800-5330
門真市宮野町3-23 メリックビル1階