関西医科大学香里病院

全ての記事

市民病院としての役割と高度医療の提供を果たす 地域密着の大学病院

紹介状なしで診療が受けられる開かれた大学病院として、寝屋川市民の信頼を一身に受けている関西医科大学香里病院。高齢化が進む北河内地域の状況に沿った医療のあり方を模索する同院の現状について、岡崎病院長に取材した。

地域に開かれた大学病院

地域のニーズに応え1月から二次救急を開始 

北河内医療圏には市民病院をはじめとした公的病院が極めて少なく、寝屋川市民の嘆願によって存続した歴史を持つ関西医科大学香里病院。その背景から大学病院としての機能だけでなく、地域に根付いた市民病院としての側面も併せ持っている。「当院を受診するにあたって紹介状は不要ですし、大学病院としては全国的にも珍しい夕診にも対応しています。駅からデッキ直結で約1分と利便性の高い立地でもあり、市民の皆様にとって通いやすい病院なのではないでしょうか。かかりつけの患者さんを断らないというのが当院の理念ですので、ぜひ気軽に受診していただければと思います」と、岡崎病院長は語った。そんな地域に開かれた同院では、今年1月から平日の二次救急の受け入れを開始した。「北河内医療圏は高齢者の占める割合が大阪府平均よりも高く、人口も多い地域です。2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、救急の需要はますます高まります。地域医療に更に貢献することは勿論のこと、新設の総合診療科診療を通じた若手医師の教育・育成を目的として、二次救急の受け入れをはじめました。まだ休祝日の受け入れは対応できていませんが、今後はより多くの受け入れができるよう力を入れていく所存です」。受け入れる患者の数が多くなると心配されるのが感染症対策だが、同院はその体制も万全だ。「スタッフの検温・手指消毒を徹底していることはもちろんのこと、外来の患者さんにも入口で検温と消毒を徹底いただいており、発熱がある場合には病院入口にある臨時のテントで診察を受けていただき、館内に入らないようにお願いをしております。もし新型コロナ陽性で入院が必要な場合には、滝井にある総合医療センターと連携をしていますので、ご安心いただければと思います」。

1.病院1階入口に設けられた発熱外来のテント。発熱のある患者の動線を完全に分けることで、院内感染予防を徹底している
2.乳がんの検査・治療に注力する乳腺センター長の綿谷教授
3.地域の先生と連携しながら検査や治療に励む、骨粗鬆症センター長の上田病院准教授

大学病院としての役割

総合診療医の育成と高度医療の推進

高齢化が急速に進む北河内地域では、高齢者の特徴に沿った医療を深めていく必要がある。では、高齢者医療の特徴とは何なのか。「若い患者さんだと特定の臓器や部位を診療するだけで済むケースも多いですが、ご年配の方は複数の疾患を同時に患っていることが少なくありません。そうなると特定の臓器だけでなく、身体全体を診療する『全人的医療』が必要となってきます。これまで本学は医科大学として各領域の専門医を育成することに注力してきました。更にこれからは全人的医療を行える医師も育てていかなければなりません。そこで昨年10月、先駆的な医師教育で実績のある天理よろづ相談所病院で若手医師教育の責任者であり、また救急診療部⻑を務められていた石丸裕康先生を理事長特命教授としてお招きし、総合診療医学講座と総合診療科の開設をすることにいたしました」と、岡崎病院長は期待を込めて語った。総合診療の強化を図る一方で、高度医療の提供にも力を注ぎ続けている。「昨年開設した、乳腺外科と形成外科が連携する乳腺センターや、整形外科、放射線科、リハビリテーション科など多職種が連携する骨粗鬆症センターも、順調に発展を続けています。総合診療と高度医療。そのどちらも品質を維持しながら、地域に貢献していくことが我々の使命です」。

京阪本線「香里園駅」から徒歩約1分と、通いやすい場所にある関西医科大学香里病院。駅から屋根のあるデッキで直結されており、雨の日でも濡れずに受付までたどり着ける

病診連携の今

オンラインを駆使した実地医家の先生との連携

新型コロナの流行によって、地域医療連携は難しい局面を迎えた。しかし、同院はオンラインを駆使することで実地医家の先生との繋がりを保ち続けている。「対面での情報交換が望ましいのは変わりませんが、オンラインでも意思疎通を図ることは可能ですので、定期的に会議を開催し医療連携を続けています。今後コロナが終息していけば対面とオンライン、ハイブリッドで会議するスタイルが定着すると思いますので、地域医療連携部はそのノウハウを研究中です。これからも関西医大グループ内の連携をより密にし、地域の登録医の先生からのご紹介を断ることのないよう励む所存ですので、ご支援をお願いいたします」。

hospital data

関西医科大学香里病院
TEL:072-832-5321
寝屋川市香里本通町8-45


ホームページ

関連記事一覧