パナソニック健康保険組合 松下記念病院

パナソニック健康保険組合 松下記念病院

発熱患者を受け入れながら
がん診療等の病院機能を維持
誰もが安心して通える病院

日本全体が新型コロナウイルスに対する警戒を強め始めた、2020年4月に新病院長に就任された村田先生。目下の課題に対応しつつ、がん診療など重要な病院機能を維持するべく取組んでいる現在の状況についてうかがった。

コロナ禍における対応

検査体制を充実させ
院内に持ち込まないよう徹底

 大阪府がん診療拠点病院として、多くのがん患者の治療に携わる松下記念病院。「がん患者は新型コロナウイルスに感染すると重症化するリスクが非常に高いと言われています。そのため、現在は院内にウイルスを持ち込まないための対策に力を注いでいます」と話す村田病院長。2020年4月の就任直後から新型コロナ対策の指揮を執り、安心して通院できる体制を整えた。まず発熱で来院した患者は、病院敷地内に設置した発熱外来用のテントに案内し、診察やPCR検査、必要であればCT検査も行っている。病院玄関での検温で発熱が検知された患者の場合も発熱外来に案内し、陰性であることを確認してから通常の診察に案内する流れだ。またはっきりと陽性とは出ていないものの感染が疑われる患者は、隔離された専用の部屋に案内し、陽性者と同様の対応で警戒しつつ検査・診断をする。救急室内にも換気可能なセパレートされたスペースを確保し、救急患者はPCR検査で陰性が確認できてから病棟に移している。入院予定の患者には、症状のあるなしに関わらず全員PCR検査を実施。徹底した対策で新型コロナウイルスをシャットアウトしている。「現在PCR検査が必要な患者さまには全例実施しており、発熱などで不安を抱える患者さまもまずは受診していただき、陽性か否かすぐ鑑別できるよう取組んでいます。また、通常の診療で来られる患者さまに感染リスクが及ばないようスペースの使い方や動線を工夫するなど配慮し、当院に来られる全ての患者さまが安心して受診できるよう体制を整えています」。これらの対応ががん患者のリスク低減だけでなく、従来の診療機能を維持する役割も果たし、通常診療を滞りなく行えるよう努めることで、地域全体の医療崩壊を防ぐ一助となっている。
1.発熱外来用のテント
2.検出効率が向上した新型のPET/CTを導入。以前よりも撮影時間を短縮しながら、より多くのデータを得ることができる
3.化学療法ではただ治療を行うだけでなく、治療スケジュールや副作用対策などもていねいに説明し、不安なく治療を続けられるよう配慮している

がん診療体制

拠点病院のなかでも
有数の能力を保持

 がん診療において村田病院長が掲げるのは“トータルマネジメント”。「健診、診断、治療、そして緩和ケアまで一病院内で完結する、こうしたがんのトータルマネジメントができるのが当院の特長です。まだまだ周知できていないと感じているので、地域の皆さまにはぜひ知っていただきたいですね」。健診に関してはドック健診センターを設け、1cmほどのごく初期のがんも検出できるPET/CTを備えるなど、早期発見に努めている。治療では専門医による手術だけでなく、高精度の放射線治療、分子標的薬や免疫療法など進歩が目覚ましい化学療法も行い、これら3つを組み合わせた集学的治療を提供。医師だけでなくメディカルスタッフも含めたチームを組み多角的な視点から、可能な限り患者の意志を尊重した治療を選択している。残念ながら病状が進行した場合は、穏やかに過ごせる全室個室の緩和ケア病棟を案内することも可能だ。また長期にわたる治療には精神的・経済的負担が伴い、先行きに不安を感じるだろう。そうした様々な問題を患者本人だけでなく家族も含めてケアしてくれるがん相談支援室も設け、がんにまつわる治療とサポートをトータルで提供している。今後は、緩和ケアの頼れる存在となるに違いない。
2020年に創立80周年を迎えた松下記念病院。当初は松下グループ従業員のための施設だったが、地域社会への貢献を目的に、地域住民に開かれた病院となった

地域医療支援病院として

創立者の篤志を継承し
地域を支える病院

 松下記念病院はパナソニック社員のための病院と思っている人が未だ多いが、そうではない。「当院はいかに社会に、地域に貢献するかという松下幸之助創業者の篤志から設立された病院です。その理念に基づき、一層地域に開かれた病院をめざします」。発熱患者の対応に困った診療所からの紹介を数多く受け入れているのも、その取組みの一環だ。「診療所の機能が止まると、それこそ医療崩壊になってしまいます。この困難な状況下でも、地域医療支援病院としての役割をしっかり果たしていきたいと考えています」。コロナ禍が、同院の地域における重要性をより際立たせているようだ。

hospital data

パナソニック健康保険組合 松下記念病院
TEL:06-6992-1231
守口市外島町5-55


ホームページ