都島区長 大畑 和彦

市長・区長メッセージ

地域医療のこれからについて
市長・区長からのメッセージ

現在の医療現場が抱える問題、それに立ち向かう行政のあり方や、今後の対策や取り組みについて各行政のトップにうかがいました

都島区長

大畑 和彦

幸せになれるまち、都島区をめざして

 区民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、未だ不安な日々をお過ごしのことと存じます。これまで感染症拡大防止の取組へのご理解はもとより、新しい生活様式の実践にご協力をいただいておりますことに厚くお礼を申しあげます。
 これまで都島区では、都島区医師会・歯科医師会・薬剤師会をはじめ医療関係者の皆様方の多大なご協力により、新型コロナウイルスワクチン接種を推進してまいりました。今後とも、希望される市民の皆様に、追加接種を進めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
 さて、都島区では「都島区地域福祉ビジョン」を掲げ、「だれもが地域で自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくり」に取り組んでいくこととしております。複雑・多様化する地域福祉の諸課題に対応するため、日頃より、気にかける、つながる、支えあう地域づくりを進めるとともに、区内の医療機関の皆様と連携し、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムを構築し、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを末永く続けることができるよう、これからも鋭意、取り組んでまいります。
 最後になりますが、新型コロナ感染症は、依然として予断を許さない状況にあります。皆様とともに、これを乗り越え、「幸せになれるまち、都島区」をめざし取組を進めてまいりますので、何卒、お力添えをいただきますよう、お願い申しあげます。

関連記事一覧