医療法人 聖佑会 おおしま眼科クリニック

医療法人 聖佑会 おおしま眼科クリニック
[テーマ]

難症例も含めた多くの網膜疾患が日帰り手術で治療可能に

難症例も含めた多くの網膜疾患が日帰り手術で治療可能に
難易度の高い硝子体手術も低侵襲で日帰り対応可能
 網膜剥離は失明にいたる恐れがあり、網膜疾患のなかでも緊急性が高い。手術の難易度が高く、かつては入院が必須だったが現在は日帰りで手術が可能。さらに大島先生が開発に携わった27ゲージ(0.4㎜)の無縫合小切開手術システムにより、ごく小さな創口で治療ができる。「日帰り手術を行うためには技術と経験が豊富なスタッフ、そして設備が必要ですが、当院にはどちらも揃っています。網膜剥離は症状が進行するにつれて視力に後遺症が出る危険があるため、早期治療が大切だと思います」と大島先生。同院における2018年の硝子体手術364 例中99例(27.2%)が網膜剥離であり、その9割が他施設から依頼された緊急手術だという。開院して5年が経過し、そのニーズは今も増しているようだ。そして、これまで連続301例の網膜剥離の手術成績は初回復位率97.3%、最終復位率100%と非常に高い。患者さんの病態に対する理解があれば、日帰りでも安定した治療が可能と大島先生は証明している。
多彩な眼内レンズの提案で生活の質向上を目指す
 白内障とは、主に加齢が原因で眼内の水晶体が白く濁り、見えづらくなる病気のこと。治療には濁った水晶体を取除き、眼内レンズを移植する必要があるが、現在では技術が進歩し多彩なレンズを選択できるようになった。「レンズは大別すると2種類あり、1つは単焦点レンズです。単焦点レンズはピントの合う距離が狭く、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くがぼやけるため、眼鏡の携行が必要となります。もう1つの多焦点レンズはピントが合う領域が複数で、遠近両方を見ることができ、老眼も改善されます。しかし、ほかの眼科疾患があると単焦点レンズの方が目の特徴を活かせることもあり、事前の診断が必須です。なお、多焦点レンズは自由診療ですが種類が多く、先進医療特約付きの医療保険で全額負担される遠近二焦点のレンズから、完全オーダーメイド生産のレンズ、最近では遠方、中間、近方にピントが合う三焦点のレンズも登場し、仕事やライフスタイルに合った見え方をご提案することが可能です」。おおしま眼科クリニックの白内障手術は毎年1500件前後と非常に多く、そのうち約14%が多焦点眼内レンズと、日本でも有数の治療実績を収めており、全国から患者さんが訪れている。

数多くの手術実績を誇る同クリニックは、医師同士の評価によって選定される『Best Doctors in JAPAN』に2年連続で選出されている

アメリカ眼科学会のシンポジウムにパネリストとして参加した時の様子。大島先生は、海外での講演や手術指導も積極的に行い、知識の普及に力を入れている

幅広い眼科治療を行い  地域のニーズを満たす
 眼科手術が進化を続ける一方で、手術をしない治療も発展している。その1つが『オルソケラトロジー』だ。「就寝時に特殊なコンタクトレンズを装用することで角膜の形状を矯正し、一時的に視力を回復させる近視治療です。継続した治療が必要ですが、起きている間は良好な裸眼視力が得られ、近視の進行を抑制する効果も期待できるため、近視が進みやすい小学生から中学生の間に治療を行えば、重度の近視を予防することにも繋がります」と、大島先生は解説した。先生は現在小児の近視治療にも重きを置き、小児眼科を得意とする池本先生を招聘。昨年、八尾市におおしま眼科池本クリニックを開設して様々な治療を行っている。「当医療グループは3施設ともオルソケラトロジーによる近視治療を積極的に行っており、さらに八尾のクリニックでは小児の斜視や弱視の特殊検査や手術治療にも力を注いでいます。視力の成長が止まる前のなるべく早期から治療を始め、少しでも多くのお子さんが良好な視力を得ることができればと思います」。白内障手術と網膜硝子体手術で最先端の医療を提供するのはもちろんのこと、幅広い世代の患者さんの目を守るため、様々な医療の提供に取組むおおしま眼科クリニック。今後も大学病院レベルの医療が受けられる環境を維持し、地域住民から信頼されるクリニックを目指していく。

担当医

大島 祐介 先生

大阪大学医学部卒。医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医。大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室講師、および医療法人社団済安堂西葛西井上眼科病院副院長を歴任の後、2014年におおしま眼科クリニック、2016年にかわさき眼科クリニックを高槻市に、2018年にはおおしま眼科池本クリニックを八尾市に開設した。網膜硝子体手術システム開発にも携わり、国内外で講演や手術指導も行う

専門医療にできること!

最先端の設備を導入することで
難度の高い日帰り手術も可能に

大島先生が開発に関わった27ゲージ小切開硝子体手術システムの装置をはじめ、大学病院レベルの最先端手術システムを完備。低侵襲かつ負担のすくない短時間の手術が可能となる

もしもの故障に備えて2台の超音波白内障手術装置を導入しているほか、最新鋭の手術顕微鏡も設置。さらに、非常時電源も備えて、万全の体制で手術に挑む

年間の執刀総数は約2500件に及ぶ
日帰り手術を執刀

豊富な手術経験を持つ大島先生と専任スタッフのチーム体制によって、短時間の低侵襲手術を実現。開院当初から昨年12月末までの間の手術総数の推移をみると、年々日帰り手術のニーズが増えている

開院当初から昨年12月末までの5年間に大島先生が執刀した手術総数のグラフ

hospital data

医療法人 聖佑会 おおしま眼科クリニック
TEL:072-676-8900
高槻市西冠1-12-8